ベッドから移動するときは?

「ヤマシタのノーリフティングポリシー」 ~持ち上げない・抱えあげない介護~ 人の力による無理な介助は、介助者だけでなくご利用者にも負担があります。 その上事故の原因であり筋緊張による拘縮や床ずれを発生させることもあります。 「介護に腰痛は当たり前」であってはいけない。 ヤマシタなら丁寧な使用説明やデモンストレーション、継続したフォローを行います。

ベッドから安全に離床したい方には、人にやさしいリフトを

自分で身体を動かすことができない方にはリフトを導入するとベッドから安全に離床することができます。 リフトはハンモックのようなシートで体を包み込むようにつり上げます。本人からは「抱え上げられると体が痛いが、リフトだと痛くないし安心できる」、介助者からは「力いっぱい持ち上げていたので腰が痛かった。リフトだと楽だし、本人の顔を見ながら移乗ができるので安心」といった声が多く聞かれます。

床からの立ち上がりが難しい方に

普段の生活が畳の方や、床から立ち上がりが難しい方には昇降座いすがおすすめです。 用途によって色々な種類があります。
  • 独立宣言
    リクライニング 詳しくはこちら 背もたれがリクライニングするタイプ
  • 独立宣言
    くるり 詳しくはこちら 座面が回転して向きを変えられるタイプ

入浴の際には浴槽でお湯につかりたい方に

  • バスリフト 詳しくはこちら 跨ぎ動作が難しい方や浴槽内での立ち座り動作が困難な方には、座面がそのまま昇降するタイプのリフトがおすすめです。
  • つるべー
    F2Rセット 詳しくはこちら シャワーチェアやバスボードなどへの乗り移りが困難な方にはつり下げる形の入浴用のリフトがおすすめです。

安全に外出したい方に

玄関に段差があって外出が難しい場合には段差解消機の利用を検討しましょう。 車いすに乗ったまま昇降できます。 玄関や外階段、お部屋の吐きだし窓など 様々な場面で使用が可能です。
  • リーチ電動
    レギュラータイプ 詳しくはこちら
  • 車いす用
    電動昇降機 詳しくはこちら
  • 椅子や車いすに座ったまま階段を昇降できるリフトもあります!

スリングシートの使い方 (ハイバックを使って、ベッドから車いすへ移乗する場合)